WMSとは - WMSの定義や必要性、基幹システムとの連携 -

インフュージョン

HOME > 在庫管理コラム > WMSとは - WMSの定義や必要性、基幹システムとの連携 -

WMSとは -WMSの定義や必要性、基幹システムとの連携-

WMSとは?

WMSとは、Warehouse(倉庫)Management Systemの略で、「倉庫管理システム」と訳されます。
WMSは、大きく分けて「在庫の把握」と「作業の支援」という2つの問題を解決する仕組みです。

なぜWMSが必要なのか?

今では、殆どの企業で、コンピュータによる在庫管理を行っています。
しかし、それらは販売管理などの「基幹システム」としての在庫管理であることが多いのです。
具体的には、営業部門から「売上」や「仕入」を入力することで、在庫数が増減されるような仕組みです。
「売上」の場合はその後「請求」となり、「仕入」の場合はその後「支払」となります。

「請求」「支払」といったお金が絡む処理=勘定処理と連動した在庫管理の場合、勘定処理で必要な範囲でモノを管理していきます。
一般的には、品目別での管理が多いでしょう。
ロット管理までは対応されているケースも見受けられます。

しかし、倉庫内の入出庫作業を行うにあたり、基幹システムの在庫管理機能だけでは機能不足なことが多々あります。

  • 「賞味期限別の在庫を把握し先入れ先出しを徹底したい」
  • 「所定の位置からあふれた在庫の保管位置を知りたい」
  • 「フリーロケーションに対応したピッキングリストを出したい」

こうした要望に応えるためには、在庫の賞味期限や倉庫内の保管位置の把握が必要です。
しかし、基幹システムによる在庫把握の範囲を超えてしまいます。
何も支援システムがなければ、現場の頑張りに頼るしかありません。

そうした場合、倉庫・出荷部門では、紙やホワイトボード、エクセルを使った「補助管理」で、何とか先入れ先出しや在庫の保管位置の把握に対処されます。
小規模な運用であれば、それで対処できますが、アイテム数や出荷数が増えると、時間がかかる上にミスも増えます
熟練者と新人での作業品質のバラつきも大きくなります。
一定の運用規模(目安として出荷が1日30件以上)になると、システムによる作業支援が必要になるのです。
それを実現する支援システムがWMSなのです。

また、基幹システムにその都度入力し、在庫管理するのにそぐわないアイテムがあります。

  • 「パーツや消耗品は動きが細かく、その都度基幹システムへ入力していると大変。バーコードを使って簡単に入力したい」
  • 「基幹システムの利用権限の関係で、現場のスタッフが入力できない」


こうした要望をすべて基幹システムで対応するのは技術面・費用面・運用面で困難です。
そこで、基幹システムのサブシステムとして、「現物管理と入出荷作業」に特化したシステムであるWMSを導入するケースが多いのです。

基幹システムとの連携は?

WMSを導入しても基幹システムの在庫情報が不必要になる訳ではありません。
では、WMSと基幹システムはどのようにデータ連携するのでしょうか?

基本は、品目マスターの同期です。
CSVファイルなどを活用し、必要に応じて同期をかけます。

物流センターやEC倉庫ならば、出荷指示もデータ連携の対象です。
基幹システムの受注や売上データを出荷指示として取り込めば、ピッキングリストを自動発行することができます。
入荷モレのチェックを倉庫現場で行いたい場合は、基幹システムの発注データをWMSの入荷予定として取り込みます。

また棚卸は、WMS側の実地棚卸が「正」となりますので、棚卸結果を基幹システムへ渡します。
保守パーツなどの細かい部品は、棚卸の時だけ基幹システムと在庫データの同期をかけ、日常的にはWMS側でのみ在庫管理を行うケースも多いでしょう。

WMSの更なる「見える化」

そんなWMSですが、我々はこれまで1,000件以上のご相談を受け、114拠点の導入も経験しました。
そうした中で感じるのが、まだまだ現場の頑張りに頼っているケースが多いということ。

「ネット通販で毎日遅くまで出荷に追われている」
「エクセルで管理しているけれど、精度が低く、毎週棚卸をしている」
「いちいちフォークリフトから降りてピッキングリストを取らないといけない」


こうした状況をカイゼンするべく、今以上に導入しやすいWMSを提供したい!
多くの現場から、在庫を探し回ったり、誤出荷を減らしたい。
そんな思いから提供したのがクラウド型WMS「在庫スイートクラウドPro」です。

「在庫スイートクラウドPro」の特長は、更なる「見える化」

入庫では、現在庫の保管場所や標準の保管場所を見ながら作業が出来ます。
保管場所を覚えていない方が、場所を探したり在庫を点在させてしまうことを防ぎます

出庫の際も、画面上にピッキング指示が見えます!
紙でピッキングリストを発行しなくても、作業が進みます
納品書とピッキング指示書を合わせる作業がなくなり、ゴミも出ません。


どんなアイテムなのか品番・品名では分かりづらい場合は、商品画像も見えます


「紙やエクセル、ホワイトボードを使って管理していて、入出庫の効率が悪い」
という課題のある方。
ぜひ、我々が提供するクラウドWMSを体感ください。

「更なる見える化」を提供する新WMS
「在庫スイートクラウド Pro」紹介ページはこちら


 

このページの先頭へ